スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シーボオフレポ2

今日はクリスマスです。そして金曜日です。つまりクリスマスfeat.金曜日です。そしてさっき私はオナニーをしました。大学をサボって真昼間からです。これらの情報を統合すると「許されざる今日だけのメモリアルオナニー」sung byクリスマスfeat.金曜日ということになります。そしてせっかくのクリスマスなのでシーボオフのオフレポを書こうと思います。

(前回までのあらすじ)
オフレポを書いた。参加者が20人近くいたので、コメントが国家予算(80兆くらい)くらい来ると思ったら、5件だった。しかもその中に参加者が1人もいなかった。日本の赤字の甚大さを知った。


*******

コマ劇前にいったらとくさんが迷っていた。どうしたのかと聞いたら、「水底のシリウスがいないんだよ!!水底のシリウスがいないんだよ!!ポケットに入れておいたのに!!」とテンパっていた。めんどくさかったので、「水底のシリウスってこれ?」とボンバーマンランド(プレステ版のボンバーマン。マジでクソゲー)を渡したら、「おお!!これだよこれ!!サンキュー!!」とうれしそうにゴミ箱にダンクシュートしていた。


そんな感じでわらわらしているとはにさんかとくさんのどっちかがオフのメンバーの方々を見つけたので、合流した。合流したといっても、初対面の人ばっかりでどう考えても相互目そらし大会が開催されそうだったので隅っこにいることにした。そして隅っこに行こうとしたら庄司さんがいた。もちろん孤立していた。


庄司さんに話しかけると、「現場では何が起こるかわからないからこそ、スタンドアローン能力が求められる。だからいつそのときがきてもいいように私は常に一人でいるのである。」と言っていた。俺も今度から大学で1人で孤立してるときそうやって言い訳しようと思った。しかし久しぶりに庄司さんに会ったのだが、ハイパーイケメンタイムだった。水嶋ヒロと三浦春馬を足して、水を鍋の4分の1まで入れて火をかけて、そこに昆布とホタテと海老と海老蔵をぶち込んで(海老蔵あいつ早くしねよ・・・?)、そして昔話なんかに話を咲かせた後に、すべてを水に流して、今新しく出会った頃のようにはじめからやり直そうよ!!って感じの顔だった。


とくさん、はにさん、庄司さん、俺で知り合いフォーメーションを作っていたら、すさまじいプレッシャーがわれわれを襲った。なんとシーボ様がこちらにお越しになっていた。みなありがたさに胸を震わせていた。とくさんは売るための媚をポケットから取り出していた。用意周到だった。


シーボさん「みな久しぶりだね」


その一言で、アクセスポテンシャルの急激な差位による衝撃波が発生して、俺と庄司さんが吹き飛んだ。これが…2500アクセス(/日)の力…みなが震撼していた。「1日に100アクセスはないと、彼の前に立つことすら許されない…!!」昔誰かがそういっていたのを思い出した。恐怖からとくさんは思わず持っていた媚を地面に落とした。落ちた媚が地面を転がってシーボさんのところにたどりついた。そしてシーボさんは言った。

シーボさん「まだとく君が来てないんだけど誰か知らない?」


今度はとくさんは5メートルくらい吹っ飛んだ。







何これ・・・
スポンサーサイト
11 | 2009/12 | 01
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

ノリス

Author:ノリス
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
Twitter
 
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。