スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初めてのみなとみらい

※この記事はマジでほぼ全部嘘ですので、出てくるブロガーさんとそのファンの方は温かい目で見ていただけるとありがたいです。ホント嘘ですからね!!


先週の土曜日、みなとみらいにようがあったので、フォレスさんと会うことになっていた。ただあって用事を済ませるだけではつまらないのでフォレスさんに、

「せっかくですので昼ご飯をご一緒にさせていただければ私恐悦至極の念に押し震えますが、よろしいですか?」
と聞いたら、

フォレス「もう先約がいるんだよ豚野郎。お前はかつおぶしで手マンの練習でもしてろよ」

と大変ハートフルな返事をいただいたので、仕方なく親に土下座してかつおぶしをもらって、かつをぶしに

「ほらほらほらほらほらほらどうしたの?どこが気持ちいの?ほらほらほらほら?言わないと見ている人に伝わんないよ?ほらほらほらほら」

とやっていたら、フォレスさんから

jassさん達と飯を食べるけど、外で見てるだけなら来てもいいぞ豚野郎。ただしぜってー入ってくんじゃねえぞ。」

とメールが来てありがたさに振るえ

「ワンワン!!」

と返した。こうして、今回の出会いが実現したのだった。



そして当日、みなとみらい駅の改札にいった。フォレスさんしか顔がわからなかったので、フォレスさんをさがした。そして探していると、2人組みのメガネ男子がいた。最近流行のメガネ男子カフェが近くにあるのかと思ったが、どうでもよかった。正直フォレスさんといえばメガネという記憶しかなかったので、その二人のどっちかな・・・!?とおもって声をかけようと近くによって行ったら、なんか違ったので、気まずくなりながら通り過ぎた。

結局いくら探してもフォレスさんがいなかったので

「あれ・・・?フォレスさんの顔マジで忘れたかもしれないんですけど・・・!?」

とあせってたら、フォレスさんから「今付いた」的なメールが来て、「お前年下だろ・・・?早く来いよ・・・殺す気かよ・・・?」と思ったが、もう21歳(2浪)なので黙って耐えた。そして改札からフォレスさんが来て、合流した。そしてフォレスさんはさっきの二人組を見つけてよっていった。

「おいマジかよやめろってほんとに・・・よりによってそいつらかよ・・・」と思ったけど、耐えた。そして結局その人たちがオフ会(?)のメンバーだったので、4人でどっかいくことになった。オフ会特有の死にたくなる空気が流れた。死のうかと思った。

二人のうちの一人は、俺とお前と大五郎を足して3で割ったようなインテリジェンスイケメンだったので、最初「この人もしかしてtatsuさんさん?」と思ったがjassさんだった。

そしてもう一人はズボンがオシャレだった。あまりにもズボンがオシャレだった。He put on the too fashionable zubonだった。ズボーン!!この人がMr.Stickさんだった。後から聞いて知った。「やべえ!!大手じゃん!!媚び売りチャンス到来・・・?」と思った。


合流してから、jassさんが

「みなとみらいとかマジで俺の庭っすからwwwwww」と頼もしいことをおっしゃっていたので、任せていたらなんかすごかった。さすが地元だなっとおもった。でもその知識が豊富すぎるゆえに、いろいろと店を回りまくったせいでどこにするべきか選択肢が増えすぎてかえって決められなくなった。jassさんは

「この現代社会。便利になりすぎてたくさんの選択肢が生まれてしまってかえってその数に押しつぶされることが往々にしてある。そんなときにどう対応するか、それはその人の今まで培ってきたものに依存する。君達の人間性を確かめるために、あえて今日たくさんの選択肢を君達に与えたんだ。」とかわけのわからないことを言っていた。腹にパンチをぶち込んで差し上げようかと思ったが、強そうだったでやめた。


結局フォレスさんか誰かが「ラーメンでよくね?」といったので、ラーメンを食べることになった。空海というラーメン屋に入ることにした。クソ並んでいた。「お前らそんなに並ぶのが好きならディズニーランドでもいけば・・・?」とMr.stickさんは切れていた。さすが有名ブロガーは違うなと思った。俺はそれを見て、「この人ズボンおしゃれだな」と思った。とりあえず文中リンクのお願いをしまくった。

そして15分くらい待ってようやくなかに入れた。カウンター席だった。

俺 フォレスさん jassさん Mr.stickさん

という席順になった。これはいけない。結局ラーメン屋ではMr.stickさんとほとんどしゃべらなかった。媚が・・・俺の媚が・・・ってなった。

フォレスさんは名古屋のおみやげにと、東海地方限定のプリッツを持ってきてくれた。気が利いていた。「お前年下なのに・・」と思ったが、ありがたく受け取った。俺はフォレスさんとしか話せなかったのに、フォレスさんは俺ともjassさんともMr.stickさんともうまく話せていた。「お前年下なのに・・・」と思った。とりあえずフォレスさんに嫌われたらマジで孤立すると思ったので、フォレスさんの注意を引くために彼に手マンをした。ボコボコにされた。

そしてラーメンが来た。ラーメンはおいしかった。そういえば、このメンバーの中で唯一のかっぺオフの生き残りということで、Mr.stickさんにかっぺオフの話を聞いた。ズボンがオシャレだったからなんとか乗り切れたらしい。オシャレなズボンを持ってなかったので、いかなくてよかったと思った。


ラーメンを食い終わって、カフェに行った。金がマジでなかったので水で我慢しようとしたら、3人がコーヒーをおごってくれた。天使かと思った。ないしは天使大学※の卒業生かと思った。
※マジで実在する

何の話をしたかは忘れたが、とりあえずチヤホヤされたいというのが全員の見解だった。そしてちやほやされるには、すでにちやほやされているひとに媚を売ればいいという結論に達した。しかしフォレスさんはなぜか独自の路線を走っていて、「ク○シーボ」などという恐れ多いことを言っていた。その瞬間フォレスさんの横にあったグラスに雷が落ちた。
「これが上位ブロガーの力…!!」
皆が恐れおののいた。

そんな感じでここに乗せられないようなことをたくさんしゃべっていたら、時間が来たので、解散した。


皆さん、ありがとうございました!楽しかったです!!これ全部嘘ですので!!


印象
フォレスさん…絶対大学に友達メッチャいる。社交性に溢れていた。あとでかかった。何げにオシャレで、遠巻きに見てればリア充。はいてる靴の値段がやたら高いらしい。

Mr.stickさん…ズボンがオシャレ。とにかくズボンがオシャレ。woo…。というか背が高くて細いので、見ていてチキショウってなる。 話し方から頭のよさが伺われた。色々なブロガーの話を聞かせていただきました。

jassさん…ツイッターで彼女自慢ばかりしていたので、会う前はマジで殺してやろうかと思っていたが、実際会ってみると、話しやすかく、柔らかい雰囲気のイケメンだったのでやっぱり殺してやりたかった。とりあえず手マンをしておいた。

加藤鷹…ほらほらほらほらいいのぉ?ここがいいのぉ?ほらほらほらほらエッチな汁がでてきたよぉ?ほらほらほらほら

終わり
スポンサーサイト
01 | 2010/02 | 03
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
プロフィール

Author:ノリス
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
Twitter
 
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。