スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

よく決断した。俺。

今日は「ワルキューレ」という映画を見てきました。普段映画なんて行かないので、迫力に圧倒されてしまいました。多分今まで生きてきて10回いったことあるかないかってくらいですね。やっぱり映画はスクリーンですねヽ(*´∀`)ノ


さて、前述した「ワルキューレ」ですがどんな映画化かというと、簡単にあらすじを言うと、第二次大戦下のドイツを舞台に、あるドイツ人将校が、「ヒトラーを廃して真のドイツを取り戻す」という目的のため、策をめぐらせてクーデターを起こすといった内容でした。これは実話を基にした話だそうです。主演はトム・クルーズ!!


「もう第二次世界大戦とか言ってる地点で無理」という人もいるでしょうが、僕はこういう歴史サスペンス系のものは好きなので、映画を見に行くと決まったときからコレにしようって決めてました。

見た感想ですが・・・内容は詳しくは書きませんが。非常に面白かったです(・∀・)

サスペンスだけあり、最後まで緊張しっぱなしでした。バレたら即、命を失うという緊迫感のなかで、様々なアクシデントがトム先生に襲い掛る!!って感じでした。

最初見る前は、アメリカ映画だったのでてっきり「イケメン米国諜報員トム先生が華麗に潜入し、ドイツを陥落せしめる!!」みたいな内容を予想していたのですが、トム先生ドイツ人の役でした。普通に英語しゃべってましたが・・・


劇中に「これ(クーデター)が成功するかどうかより、我々のように意志あるドイツ人がいる、とを示すことが出来ることが大事なのだ」というセリフがありました。(よく覚えてないですが・・・)。当時本当に彼らがこのセリフを言ったかどうかは定かではないですが、この映画で実際にヒトラーの凶行に立ち向かったドイツ人がいた、という事実が見た人の心の中には確かに残ったはずです。


成功を描いた歴史を基にした映画は数多くありますが、「ワルキューレ」のように失敗した人物を題材にしたものは非常に少ないでしょう。義のために戦って散っていったのにも関わらず、達成できなかったという理由だけでそうした人々が忘れ去られていくのは悲しいことです。でもメディアの性質上、成功というのは人をひきつける要素があるので、成功した人物ばかりが取り上げられ、人の心に生きつづけるというのは仕方がないことでしょう。そうしたメディアの最先端にいるハッピーエンド主義のハリウッドが、歪曲させずにしっかりとバットエンドとして義に散った人物を描き、彼の義の心を人々に知らしめたという点が、この映画の最大の歴史への貢献でしょう。





みたいなこと書いてミクシイに投稿しようと思ったけどキモイからやめた。

キモイことに気づいて途中でやめたという点が、この私の最大のこれから始まる新生活への貢献でしょう。

スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

05 | 2017/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

ノリス

Author:ノリス
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
Twitter
 
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。