スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノリスの由来

ファッキンクソプロ演レポートは提出時間に3,4分遅れるという、いつものパターンで無事収束した。やっと肩の荷が下りて、今はボーっとしている。でもずっと一昨日からパソコンの前でプログラム書いてたから首が痛い。やはり課題はためてはいけない。そんなことを実感させられる1日だった。次回はちゃんとやろう。てかこれ学期終わるごとに言ってるな。そして3年後・・・友人のいなくなった5年目のキャンパスで楽しそうにゼミで浮いて会話に入れないノリス青年の姿が!!



さて皆さん、私は日本人であるにもかかわらずこのブログではノリスと名乗っているわけだがそこに何か違和感を感じたことはなかっただろうか。うん、ねーよ。そもそもてめえなんかに微塵も興味ねーよクズが、うまい棒のゴミでもなめてろ素敵東南アジアンフェイス童貞が。そんな罵りが聞こえてきそうだがそれでは今日の本題に入ることが出来ないので、まああのとりあえず俺の話を聞いてほしい。てか顔は関係ねーだろ。しかたないだろ!!俺たちは与えられたカードで戦うしかないんだよ!!!←かっこいい。なんか2ちゃんでいってた。


話に戻ろう。因果律で言われるように、結果の前には必ず原因がある。俺がノリスなんて名乗ってるのも当然理由がある。聡明な皆様ならもうその元ネタはわかるだろう。そう、チャックノリスだ。4年前に強烈なインパクトを与えられて以来ずっと、俺は彼にリスペクト的なアレを抱き続けている。




あれは俺が高校2年生で、すっかり冬も本格化した12月の話だ。いつものように家族で夕食を食べながらテレビを見ている時にそれは起こった。何の番組を見ていたかは覚えていないが、局はハッキリ覚えている。その局の名はテレビ東京。そう、あのテレビ東京だ。


一見ただの映画の予告だった。CMだと油断していた。まだこの頃はテレビ東京の恐ろしさを知らなかった。

それは何食わぬ顔で「待ってました!!プレジデントマン!!」の掛け声と共に始まった。

そのときの映像がこれだ。

http://www.youtube.com/watch?v=IqJrmQ2gti8&feature=related


サァムラーイ(ドォン!)サァムラーイ(ドォン!)ブゥシドー(ドォン!)


どうだろうか。今この場で見てもアレかもしれないが、当時の俺にはとても衝撃的だった。

ステレス戦闘機を乗りこなし、侍アンド武士道魂で極秘任務を遂行する親父アクションの決定版で心も優しいプレジデントマン、チャックノリス。終わった後俺は爆笑していた。気づいたら俺はこのプレジデントマンのセリフ「サァムラーイサァムラーイブゥシドー」を何度も復唱していた。音読が英語学習において最も重要な鍛錬であるという知識が無意識にさせた行為だったのかもしれない。(?)


翌日この感動を友人に話し、超極狭社会内においてブームが起こった。(というか俺と友人2名の計3名で)

侍という言葉が出るたびに「サァムラーイサァムラーイブゥシードーwwwwwww」と盛り上がったものだ。

このCMが始まったのが放送日の2週間前くらいだったので、来たるべき放送日に向けて我々のボルテージも徐々に上がっていった。


そのその年の12月23日プレジデントマンが放送された。「こんなすごい予告だったのだ。本編はどんなものなんだろうか。」期待に胸を膨らませて俺はそれを見た。




見事にクソ映画だった。よくもまあ天皇誕生日にこんなクソを投げつけられるものだと感動した。

みなが期待したであろう「サァムラーイ、ブゥシドー」だが開始3分位のところの「ブゥシドーイズウェイオブサムラーイ」の一言でしか出てこなかった。ジャケ写詐欺ってレベルじゃなかった。





とまあこんな感じでノリスという名前を拝借しているわけでございます。






ちなみにチャックノリスの映画はプレジデントマンしかしりません。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

ノリス

Author:ノリス
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
Twitter
 
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。