スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

有田焼

皆さんお久しぶりです。元気でしたか?僕は頭の中に※Doveおばさんが居座ってしまい、なかなかブログを更新することができませんでした。


※Doveおばさん…禁断魔法Dove(ダヴ)によって埴輪を有田焼に変える能力を持つ。口癖は「Doveならー埴輪がー有田焼きって感じですねー。」である。


まあそんなこんなで相変わらずクソみたいな生活をしていました。もうマジでバイトが地獄です。いやバイト中はまだいいんだ。GODであるお客様が主役の罵りフェス2009に参加するだけでいいんだから。ああ…おっさんマジこええよ…「客」って装備だけで攻撃力1200くらいあがってるよ…もはやおっさんじゃねえよ…魔界破邪神ベゼルキャクナメンナーだよ…

※よくおっさんは「お前客なめてんのか?」って怒ってくる。死ね。お前こそ店員なめんな。「研修中」って腕章ついてる人間が「難燃加工防災バケツってどこにある?」なんてピンポイントな質問に答えられるわけがないだろ・・・。地理学科の新入生に唐突に「セントキッツ・ネービス(国名)の首都ってどこだっけ?」って聞くようなもんだぞ・・・


まあいいや。そう、罵りフェスはまあいいんだ。じゃあ何が地獄かって話だ。もうね、何が地獄って月曜日の休憩室が地獄ですよ。

あのですね、俺って月曜日が全休という、全盛期のパラマウントベッドもびっくりするくらいの楽さを誇ってんですよ。だから土曜日を丸々休みにして、日曜日と月曜日にガッツリホームセンターのバイトを入れてるんですね。

それで日曜日はまだ年が近い仲良い人が数人いるんで、休憩室にいてもまだ俺は羽ばたけるんですよ。でも、月曜日って普通学生はパラマウントベッドでもない限り、学校があるからバイトいれないじゃないですか。だから年が近い人が一人もいないんですよ。もうホントに主婦さんと社員さん(俺とお会い年。めっちゃ美人。みんなに慕われてる。だかしかし無常にも俺は嫌われている。俺のことを、俺がスクイズのサインが出てたのに気づかずに見逃ししてしまったときの監督のような目で見てくる。)しかいないわけですよ。


この状況での休憩室…マジやばいね。休憩って昼休憩(45分間)とただの休憩(15分)があるんだけど、昼休憩が地獄すぎる。これは休憩じゃねーよ。修行だよ。昼修行に改名しろよ。そして後々永平寺あたりで取り入れられて、朝マック的な感じで話題になれよ。そんぐらい地獄だよ…

15分休憩なら「便所でmixi連続ログインフェス2009」で乗り切れるんだけど、さすがに昼休憩のときは弁当を食べないと持たないので休憩室を使う以外の方法がない。休憩室以外弁当食べる場所ない。え?便所飯?アウェイ感のレベルが10に達してないので、アクセスできません。


だから仕方なく休憩室使うんだけど、もうなんか無理。俺が入る前からスゲー盛り上がってる。朝起きたときの俺の下腹部くらい盛り上がってる。テントってレベルじゃない。もはやシンデレラ城ってレベル。

朝起きたら下腹部がシンデレラ城に!って設定でだれか小説書いてみてください。


仕方ないから端の方に座る。仏頂面で飯食ってたら絶対悪いうわさ流されそうだから、とりあえず誰かがなんか言うたびに愛想笑いするしかない。もはや愛想笑いにも慣れた。俺の愛想笑いは愛想笑いを超えたジェットストリーム愛想笑い。そう、アルカイックスマイルレベル(仏像の口元のこと。ちょっと微笑んでる)まで達した。四方八方から繰り出されるアルカイックスマイル。もう今では人を俺のことを「アルカイックスマイルの専門店」と呼ぶ。死んでいい?


当然飯を食い終わったら、やることがないからケータイをいじる。いつか忘れたけどミクシイにボイスっていって一言つぶやける機能があるんだけど、そこに「休憩室マジつらい…チキショー…貝になりてえ…」って呟きを残したら、はにさんあたりから「いいねいいねー!」って返ってきた。フフッって自然とアルカイックスマイルが出てきた。


そんなこんなで大体前半は飯を食いながらアルカイックスマイルの製造に営んで、後半はケータイをいじるっていう修行メニューなんだけど、この前ケータイいじってたらいやな話を聞いてしまった。

なんとかって人が仕事ができなくて「仕事やめたい…」って言いまわってたらしくて、それがレジリーダーさん(レジで一番偉い人)の耳にはいって、リーダーさんが「辞めたいなら早く辞めてほしい。その人が入るせいでその時間誰か一人がそこに入れなくなるのに、そのような勤務態度で働いてほしくない。幸い人は足りている。」的なことを言ってたという話だった。


なにそれwwwwwwwwwww典型的な俺じゃんwwwwwwwwwwwwwww




とまあ死にたい。死んで来世ではオシャレ番長とかになりたい。



投票お願いします!

嵐のニューカマー

更新をサボったら、アクセス数が「最強☆トンガリコーンの赤ちゃんってマジかわいい。」とか俺がほざいた後の、友達のテンションくらい下がっていたので、まさかの連続更新です。

さて、今回はバイト先の塾での話です。

おとといに、中一のめっちゃかわいい子に授業があたってテンションがめっちゃあがってたんですね。もうこの子すごいいい子なんですよ。俺が「エクストラファイナルデスティネーション課題」とかほざいても、笑って許してくれるんですよ。マジかわいい。


で、ですよ、その子に教えているときに、電話が塾にかかってきたんですよ。その電話には塾長がでたんですね。それで、きいていると、思いっきり塾長はタメ口ではなしてたんですよ。生徒からかな?と思ってきいていたら、なにやら「バイトはしたことある?」と聞こえてきたんです。

これで俺はびびっと来ました。いわゆるビビットカラーですね。違いますね。

これは…新しい講師の予感!!




今までですね、我が塾には若い講師が俺と副塾長(男)しかいなかったんですね。だから出会いなんてそんなものは、ないに等しかったんですね。

そこに!!ついに!!新しい講師ですよ!!ブランニューウェーブですよ!!!グッバイバイセルフファックですよ!!



ということで、塾長の会話を盗み聞きすることにしました。



塾長「どこの大学かおしえてもらっていい?」

おお…どこだい・・・?フェリス女子大…?御茶の水女子大…?白百合女学院(AVのタイトル)?
希望に胸が膨らみます。




塾長「おお、理科大なんだ?すごいね」

理科大…?理科大ってつく女子大なんてあったっけ…?
認めません。女子大の可能性を探り続けます。ここでまけたらずっとセルフサービスによる性交渉システムからの脱却を図ることはできません。もしかしたら理科じゃなくて梨花かもしれません。友達の梨花が通っている大学って意味かもしれません。



塾長「学部は?」

経営だろ?経営だろ?おい・・・そういえよ…な…?お前期待されてんだぞ…!?な…?期待にこたえろよ…?な…?今4対1でツーアウト満塁だぞ…?逆転サヨナラ満塁ホームラン打ってみろよ…?お前ずっと前にイチローみたいになりたいって言ってただろ…?今まさにその場面だよ…?しゃべったことねーけど…。とまさに藁にもすがる思いでした。


塾長「応用工学?わかった。じゃあ理科と数学と英語教えられるね。」

応用工学…だと!?いやまあアレだな、うん。いける。そうだよ。ガンダムに憧れる工学少女だよ。うん。オレもガンダム勉強するよ。微塵も興味ないけど、君のためなら頑張れるよ。ほら、嫌いだったピーマンだって克服したんだよ。愛してるの響きだけで強くなれる気がするよ。でも君がいない部屋はなんだかちょっと広く感じるよ。希望が立て続けに断たれ、錯乱していました。



塾長「ちなみに出身高校は?」

ぽぽぽぽぽぽぽぽぽぽぽぽぽぽぽぽぽぽ。もうこれ以上可能性を下げるのはやめてやめて。だいじょうぶだから。オレだってもう大人だから。先日メンズノンノも買ったし、大人の階段上ってるから。わかってるから。ちょっと期待をしたいだけだから。ね?もうこれ以上可能性を狭めるような事いわないで。マジでやめて。ほんとしつこいのとか無理。やめろっつってだろ。しつけーつってんだろ。あだ名加藤鷹にすんぞ。



塾長「春日部高校!?すっごいねえ」

春日部高校…後の男子校である。てか昔から男子校である。うっひょおおおおおおおおおおお男だった!!おっとっこ!!おっとっこ!!あっにっき!あっにっき!メンズノンノ!メンズノンノ!めんつゆ!めんつゆ!







…………


というわけで理系の男という完全に俺とキャラがかぶっている新人さんがくるらしいです。はっきりいってあの塾でのオレのアドバンテージは若いということだけなので、その人がイケメンだったらオレは死亡です。

今となっては、新しい人がオレよりも生誕後悔フェイスなのを祈るのみです。




投票お願いします!

死神最強☆トンガリコーン

なんかアレですね。最近いろんな方がいろんな場所で成長中ですね。東大駒場キャンパスだったり上野動物園だったり…。しかもランキング超たけーし…。なんだよアレ…両方とも一瞬で抜かれたし・・・

つまりこの事実が示すことは、どこかで成長しているブログならブログランキングの上位にいけるということですね。これからブログを始めようとしている大学生の皆さん!!是非成長してみて下さい!!タイトルは…そうですね…

「童貞 下半身キャンパスで成長中の「ペニs・・・

なんでもないです。



さてブログというのは日常を書くものであることは皆さん承知の事実ですが、俺の日常はバイトと家での情報探索演習(OKAZU探し)で99%締められるので(残り1%はサンリオピューロランドいったことへ後悔の時間)、全く面白くないのですね。まあOKAZU探しにだって数々のドラマがあるんですけどね。誰にも見せない泪もありましたし(サムネイル画像と実物の女優が全然違う場合とかで)、人知れず流した泪もありました(パッケージ写真と実物の女優が全然違う場合とかで)。けして平らな道ではなかった…。



そんなこんなで今日の本題に入りましょうか。これミクシィでも書いたんですけど、塾で最強☆トンガリコーンって連発してたら、中三の教え子(女子)に「最強☆トンガリコーン」で検索されて元ネタ(ガチムチな男の人が2人でパンツを取り合う動画)がばれました。


やばいです。まず何よりクビになるかもしれません。あれです、「死因:最強☆トンガリコーン」とかなります。やばいやばい。死神最強☆トンガリコーンの誕生です。中三という多感な時期の女の子にあの動画はやばい。


そしてクビを免れたとしても、確実に俺がそっちの道の人だと思われてしまいます。実際その女の子が俺を見る目がハンパなかったです。完全に学校でウンコを漏らしたやつに向けるような目をしてました。ちがうんだ!!転んで土がお尻について茶色くなったんだよ!!って言い訳しようかな。ん?ああべつに俺がうんこもらしたわけじゃないや


そんなこんなで今日も俺は元気です。



飯ウマな人は投票してください

塾から春が落ちてきたように見えて実は絶望だった

鍋レポはちょっと待ってくだされ。今日ちょっとバイト先で一悶着あったのでござる。一悶着といえば晴れ渡る日々に君のおっぱいを一悶着したいな。



意味わからん。俺はホームセンターと塾でバイトしてるんだが、今日は塾のバイトがあった。いつものように小島よしおやオードリーの春日と馬鹿にされる屈辱に身を震わせてそれでもいつか来る春(給料)ために冬の時代を耐え抜く僕は屈辱ラビリンスに漂う天使なのかな?



ちげえよ。そしてこのラビリンスネタ5回目くらいだよ。


しかしそんな俺にも春が来たのだった。なんとJK(付き合ってもロリコンと呼ばれない最強☆トンガリコーンな女の子)が塾に来るらしいのだ。


塾長「ノリス先生、高校の化学見れる?」


俺「はい。」


塾長「A君(茶坊主 の子) のお姉さんが化学教えてってこの塾来るらしいよ?頼める?」


俺「え?高校生ですか・・・?」


塾長「うん。」


俺(スイッチ点火)「ウッシャフォオオオオオオオオホオファアアアアアアアアアアアイ!!!」


塾長「じゃあよろしくね。毎週何曜日ならいける?」


俺(英国紳士モード)「ウォーターディ??ウォーターディ?」


塾長「水曜日ね?わかった。じゃあ向こうに連絡するから。細かいことはノリス先生が直接聞いてね。」


俺(大統領モード)「yes we can」



でこの後室長が電話して俺にかわった。



俺(イケメン講師モード(声だけcustom))「もしもし?こんばんは。」


JK「こんばんは。」←結構声可愛かった


俺(イケメン講師モード(姿勢もよくなったcustom))「担当になりましたノリスです。よろしくお願いします。化学ってどこまで入試で使うんですか?化学Iで終わりですか?それともIIまであるのですか?」


JK「二次試験まで使うのでIIまでお願いします。」



2次・・・試験?え?



俺(ホームルームモード)「え、えっとAさんは今何年生ですか?」

※大学のホームルームではなぜか言葉がちゃんとでない。


JK「高校3年生です。」


な・・・ば・・・かな…

ちょ・・・・・・


俺(れれれ冷静になれ)「ちちちちなみに志望校は?」


JK「千葉大です。」


ギリギリ…教えられるレベルだ…危ない…危ない…



俺(塾長マジふざけんな)「そ、そうなんですか。ありがとうございました。よろしくお願いしますね。」


JK「はい。よろしくお願いします。」



で電話をきった。おい…大学受験って…しかも国公立志望って・・・でもまあひゃっほおおおおおおおい千葉大なら教えれないレベルじゃないし、合格すれば合格発表日に


JK「先生…受かってました!!受かってました!!うわあああああああん」


俺(イケメン)「よく…頑張ったね・・・。」


JK「はい・・・!!はい・・・!!う・・・ぐすっ・・・!!」


俺(マジイケメン)「ははは、受かったんだから泣くなよ。」


JK「ぐすっ・・・はい・・・はいぃ・・・」


俺(すごいイケメン)「じゃあ今日で塾ともさよならだね。ちょっとさみしくなるなあ。」


JK「……」


俺(ジャニーズ)「ん?どうしたの・・・?」


JK「あの・・・先生・・・えっと・・・あの・・・」


俺(ダルビッシュ)「おいおいなんだよ(笑)」


JK「………ずっと好きでした!!」


俺(びっくりおじさん)「ワーオ」



みたいにキャッホオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオひゃああああああああああああああああああああああああああグッバイバイ童貞オドゥウウウウウウウウウウウウウウンッ


そんで次の時間メチャクチャテンション上がって授業をしてしまった。時間が終わったので、その子について詳しく塾長と話すことになった。とりあえずあさって(水曜日)に体験授業みたいなのをすることになった。それでその子の苦手分野を体験授業ですることになったので、もう一回彼女に電話をかけることになった。



でもマジこの電話かけなきゃ良かった…



俺「たびたびすいません。○○塾です(塾の名前)」


JK「こんばんは。」


俺「こんばんは。えとAさんの苦手分野ってどこですかね?」


JK「有機です。」




コツコツ・・・(死神の足音)


俺「わかりました。ちなみにちょっと聞きにくいんですけどAさんって化学の偏差値どのくらいですかね?」


JK「えっと、50くらいなんです。ちょっと足引っ張っちゃってて恥ずかしくないくらいにしたいんですよね。」





タッタッタッ…(死神の足跡加速)


俺「そうですか。わかりました。では数学とか他の分野ではうちではやる必要がないってことですね?」


JK「はい。数学とかは学校で出来るんで。」




シュウンッ!!(死神が鎌を振り上げる音)


俺「ちなみに志望学科はどこですかね?やっぱり化学科ですかね?」





















JK「薬学部です。」





死神「がおー」←かわいい。でも死ね。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・?


え?やくがくぶ?


俺「え?え?ちょ、あの、薬学部って薬作るところですよね?」←ガチで聞いた。


JK「そうですよwww」




もうこの後何はなしたか覚えてない。



おお ノリスよ しんでしまうとは なさけない




は?てかなんでそんな奴がうちの塾くんの??うちの塾のいままでの最高は獨協の経済だぞ…


参考までに、

筑波大学物理学類(俺)…センター試験78%、二次偏差値56 

千葉大学薬学部…センター試験85% 二次偏差値64

(代ゼミ)






というワケで明日から化学を死ぬほど勉強したいと思います。モチベーションの維持に誰か俺と9月の河合で化学勝負しましょう!!(ガチで)



←浪人生ブログいこうかな…

愚痴日記

今日はアレだった。塾で受験生応援イベントみたいなのがあった。数少ない人と触れ合える機会なので当然行った。だって女(中学生)と触れ合えるんだぜ・・・?行くだろ・・・・・・。そんな感じで割と期待していったらもうなんかアレだった。塾長が企画したせいで、クソグダグダなイベントになってた。俺普通に参加した唯一の男の子(茶坊主の子)とずっとしゃべってた。べつに良いけどね・・・。




こんばんは!中学生にすら相手にされないノリスでっす!!

もう今日はなんかアレなんでフリーダムに行きますよおおおおおおおwwwwwwwwうひょおおおおおおおお

なんでなの?何で僕は生まれたの??べつに僕がいなくたってこの世界は回り続ける。僕がここにいる理由なんてない。でも事実僕はここにいる。どうして?どうして?

うん、理由を求めることが間違いなんだよ・・・。理由なんて後からつければいいんだ。そうだよ・・・現代社会は理由ばかり求めてなんなの?理由なんてなくても良いじゃない。そう理由なんていらないんだよ!!だって僕達は生きてるんだから!!みたいな感じで勝手にテンションが上がって同じ学類の女の子(全然仲良くない。ペソヌーンに便乗してアド聞いた)に「給料はいったからご飯いこうよ!!」みたいなメール送ったら1時間位してから「ごめん・・・今週忙しいんだ」とか帰ってきたよ!!


バーカ!!!なんだよクソが!!!理由ばっかり求めてんじゃねえのか!?嫉妬、妬み、全部洗いながしちゃえよ!!みたいな感じでオナニーしたらほんとに全部どうでもよくなった。ははっ・・・オナニーってすげえよ・・・・・・。

ちなみにこの世には2種類のオナニーがある。1つ目は催性欲オナニー、2つ目は作業オナニーである。でもこれを語ると記事がpart6くらいまでいくから今日は保留にするね!!




そうそう保留といえば、ホームセンターで保留という名のテクニックがあるの。まあどうでもいいんだけどね!!そうそうバイトといえば、バイト先で同僚が4人くらいいんのね。で一人は、やりにげコージーというあだ名を持つ一回寝た直後に相手の女の子と分かれたとか言うマジでクソヤローで、残りはみんな童貞的女性に対する幻想に漂うエンジェルなのね。で、エンジェル隊の一人にラブホの豆知識ばっかり話してくる奴がいんのね。俺心の中で、「お前はいったことねえのになんでそんなにラブホの事しってるの?キモーイwwww」とかおもってたのね。



そんでね、ちょっと話とぶんだけど昨日バイト先で顔見知りだった女の人(結構可愛い)とやりにげコージーと休憩一緒になって3人で話したのね。やたらコージーとその人がメール見せ合ってて仲良く話してて、俺が見ようとしたらこっち見んな状態で、こいつらお客様に罵倒殺されねえかなとか思いながら話聞いてたら、なんか話題がその女の人の恋バナ(笑)みたいな感じだったのね。はは・・・これ俺孤立すんな・・・トイレ行って携帯いじってようかな・・・・・・みたいな感じでオアシスへの招待をウェルカムしてたのね。


そしたらなんか「その目当ての彼が今日シフトはいってないの」みたいなことを女が言ってて、おいおいwww職場内恋愛すかwww分かれた後職場内で気まずくなって死ねwwwwwとか思っていながらも、おいおいwww誰だよ誰だよwwwみたいな感じで興味津々で聞いてたの。そんで「おいおいもしかして俺ですか??困るなあwww」みたいなこといえばきっとドッカンドッカンうけるだろうなと思ったけど言えるはずもなくまあだらしねぃ思いをしてたんだ。


そんでなんかしらねえけど俺が「教えてくださいよwwwフヒヒwwww」みたいなこといったら「ヒントだけならあげるよ」みたいなクソウザイこと言ってきてまあ聡明な俺は一発で当てたわけだ。うんそう、みんなわかっているだろうけどその相手はそのラブホ童貞ボーイだった。ふざけんなよ・・・・・・。なんでだよ・・・・・・。おい・・・・・・・・・。なんだこれ・・・・・・。この世はでっかい宝島なんじゃねーのかよ・・・・・・。嘘ついてんじゃねーよ・・・。俺だってそしたらエロサイトのめぐり方をスゲー教えてやるよ・・・。


もうなんか書いててテンション落ちたんで今日はこの辺で・・・。



08 | 2017/09 | 10
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

ノリス

Author:ノリス
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
Twitter
 
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。